小笠原組の全て

ABOUT US

私たちの声
カタカナ語が苦手な方は「組見本」と
呼ぶとよいでしょう。
この組見本は自由に複製したり頒布する
ことができます。

小笠原組の歩み

一歩一歩着実に、誠実に
千葉県松戸市の小笠原組は、内装解体工事を中心に手掛けている会社です。こちらでは私たちがこの業界に飛び込んだ経緯やこれまでの歩み、これから目指していく方向性などをご紹介しております。ぜひご一読いただければ幸いです。皆で力を合わせて、より多くの方々に貢献できるよう尽力いたします。
項目を追加
001.Catchcopy text

夏でも底に冷たさを
もつ青いそら

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青い草の波。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、青い草の波。

経歴

私たちは現在、兄弟で内装解体を中心とした解体業を営んでおりますが、2人共が元力士という少し変わった経歴を持っています。お互いケガが原因で相撲を諦めざるを得なくなったとき、当時お世話になっていたタニマチ(後援者)の方に職人がいました。その方から話を伺っていた中で「職人は儲かる」という想いがインプットされたことが、この仕事を目指したきっかけです。

元力士から解体業へ

元力士から解体業という思い切った転換を遂げたものの、当然ながら最初の頃は分からないことだらけ。工具や機械の名前、専門用語もチンプンカンプンです。解体を任せられても、天井から壊すか壁から壊すかさえ悩む始末。できないこと、分からないことが悔しく、4年くらいは寝る間も惜しんで働きました。その結果、今ではひと通りなんでもこなせるようになっています。

今後のビジョン

解体業者としてそれなりに安定した環境を整えることができた今、今後は仲間を増やしていきたいと私たちは考えています。たくさんの仲間を作ることで、仕事を増やしたり、仲間と共により大きな仕事を請けたりしたいというのが、小笠原組のビジョンです。お互いを高め合えるチームづくりができれば、言うことはありません。
項目を追加

ABOUT US

私たちの声
カタカナ語が苦手な方は「組見本」と
呼ぶとよいでしょう。
この組見本は自由に複製したり頒布する
ことができます。

ベストパートナー

お互いを認め合える存在
私たち兄弟、小笠原将匡(兄)と将吏(弟)は一卵性双生児です。双子で気が合いますし、遠慮なくなんでも頼める関係性。上下関係もなく、お互いをベストパートナーとして認め合っています。息のピッタリ合った兄弟だからこそできる仕事をお届けしたい。そんな想いで日々の業務に取り組んでいます。
項目を追加
紙敷分会 記事掲載

はばたき

代々受け継がれた技術
美しい建築へのこだわりは誰よりも強く一切の妥協をしないその姿勢は国内外から大きな評価を受けている美しい建築へのこだわりは誰よりも強く一切の妥協をしないその姿勢は国内外から大きな評価を受けている
求人募集
小笠原組は随時職人を求人募集を行なっています。詳細はこちらをご覧ください。
内装工事
内装解体がご必要の際は、経験と技術が自慢の小笠原組がお請けいたします。
斫・多能工
小笠原組は斫・多能工にも対応可能です。どんなことでもまずは1度ご相談を。
項目を追加